2007年11月19日

世界につながる旅!愛知・岐阜4日間の第2日目

世界につながる旅!愛知・岐阜4日間の第2日目を、11月18日、栄・笹島にて開催しました。

最初に講師の藤井克彦さん(笹島診療所)から、「貧しい日本」から「豊かな日本」になった背景で起きていたこと、日雇い労働者の状況、産業構造の転換と労働者、社会保障制度の問題、自立支援制度と排除、襲撃事件、デジタル日雇い・ネットカフェ難民の問題などのお話を聞きました。
人間としての喜びは、自分だけの幸せで満足できるものではないのでは、というような、こうした課題にかかわることとはどういうことかについてのお話もあわせてうかがいました。

らんのやかた.jpg
ランの館の前にて。(排除の現場)

ぼうけんとりで.jpg
冒険とりで跡地にて。(排除の現場)

ほりかわ.jpg
この堀川から向こうが、旧水車地区。

ささしまりょう.jpg
笹島寮の成り立ちと現在の機能について説明を聞く。

なかしょくあん.jpg
日雇いの受付は、こちらで行われています。


posted by nagoya-jiyu at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。