2007年01月15日

所得格差教育

1/13、岡崎勝さんを招き、講座「所得格差教育」を行いました。
・グローバリゼーションという言葉への意味づけ(経済、政治、社会制度のみならず、教育・文化や暮らし方の価値観を世界的に共有・操作支配するような事態で、それにあわせて教育の再編成が起こっている。)
・英米日の教育改革の現実
・グローバル競争原理の格差教育を正統化する公教育(成果主義的教育、教育の権限をめぐる抗争、公立学校の私立化・民営化・合理化、新たな専門家と教育商品の成立、人権確保の規制緩和、、)
・「学校」「教育」の再検討(学ぶことは教えることか?、教育サービスで不能化する子ども、学校化社会への根本的な相対化、文化の伝承性と革命性、教育愛の幻想と抑圧、、、)
といった内容でした。

写真は、講座後の交流。
okazaki.jpg


posted by nagoya-jiyu at 12:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 講座報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

格差いろいろ
Excerpt: 格差といっても、所得などの経済格差だけではありません。例えば、いま国会で憲法を変えるための「国民投票法案」が審議されていますが、これは「格差国民主権法案」といえます。 フラッシュアニメ↑の..
Weblog: 平和への結集ブログ
Tracked: 2007-03-24 15:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。