2006年03月24日

メール版の宣伝

メール版の宣伝をいろいろなところに流し始めました。

ここにも貼っておきます。
━なごや自由学校━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ◎2006年春夏講座の案内◎

【1】経済のグローバル化への対案【4/1】
【2】本当に「小さな政府」か? 【6/17,7/16】
【3】農家の目からのぞいた世界 【6/3,7/8】
【4】脱カップルな社会像と私たち【6/4,6/18,7/2】
【5】誰のためのODA?     【7/29,8/5】
【6】ファシリテーター養成コース【6/24,7/15,7/22】

*転送歓迎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━なごや自由学校━

なごや自由学校は、名古屋とその近郊に在住のNGO職員や
会社員、フリーター、学生ら、約10名のボランティアの
スタッフによって運営されています。
講座はどなたでも参加できます。
お気軽にご参加ください(申込制)。詳しくはこちらもどうぞ。
http://www.nskk.org/chubu/alc/alt.htm
=============================================
【1】経済のグローバル化への対案
=============================================
米国のシンクタンクNGOからゲストを招き、経済のグローバル化
の問題について学びます。世界規模で、そして身近なところで、
この問題にどんな対案があるのかを考えます。

◇講師:ビクター・メノッティ
  (International Forum on Globalization)
◇コーディネーター:池住義憲
  (国際民衆保健協議会日本連絡事務所代表)

◇日時:4月1日(土)15:00-17:30
◇会場:フェアビーンズ(池下駅徒歩7分)
◇料金:1000円(申込不要,AMネット会員は800円)
◇主催:(特活)AMネット、なごや自由学校
◇後援:(特活)名古屋NGOセンター
=============================================
【2】本当に「小さな政府」か?
=============================================
今、実際に進んでいる事態は本当に「小さな政府」を実現しつつ
あるのか、また、そもそも「小さな政府」って何なのか、そして
それは社会全体にとってよいことなのか、整理します。

[6/17土]【「偽装民営化」の行く先ー「小さな政府」論の日本的現状】
      新海聡(全国市民オンブズマン連絡会議事務局長)
[7/16日]【問題は「大きい、小さい」か?ーどんな自治を構想するか】
      進藤兵(名古屋大学教員)
◇時間:13:30-16:30
◇会場:なごやボランティアNPOセンター(予定,伏見駅徒歩8分)
◇料金:3,800円(学生2,800円)、部分参加1回2,300円
=============================================
【3】農家の目からのぞいた世界
=============================================
会社に勤める生活から有機農業という道に向かった二組の農家。
生き物や自然の営み、社会、そして自らの暮らしと向き合って
きた農家の生き方は、私たちに何を投げかけてくれるでしょう。

[6/ 3]【畑にてーお昼ご飯を食べる】
      橋本昌康・橋本裕子(とりのさと農園)
   会場:とりのさと農園(知多郡南知多町内海)
[7/ 8]【微生物、土・・・私たち】
      服部晃(GOEN農場)
会場:フェアビーンズ(池下駅徒歩8分)

◇時間:各土曜日、第1回10:00-15:00,第2回13:30-16:00
◇料金:3,800円(学生2,800円)、部分参加1回2,300円
     *6/3はこの他に500円程度の昼食代実費。
=============================================
【4】脱カップルな社会像と私たち
=============================================
日常の人間関係、生き方に大きく関係する「異性愛カップル単位
で片働き」という発想が持つ問題、カップル等の単位に依存しな
い生き方について考えます。

[6/ 4]【1対1のカップルという問題】
[6/18]【脱カップルな社会制度の可能性】
[7/ 2]【個人を単位に生きるということ】

◇講師:伊田広行(立命館大院非常勤講師)
◇時間:各日曜日、13:30-16:30
◇会場:フェアビーンズ(池下駅徒歩8分)
◇料金:5,800円(学生4,800円)、部分参加1回2,300円
=============================================
【5】誰のためのODA?ー望ましい「援助」のあり方
=============================================
戦争の賠償から輸出振興、資源確保、海外版公共事業として拡大
してきた政府開発援助(ODA)。その歩みを振り返り、望まし
い「援助」について考えたいと思います。

[7/29]【これまでのODAと私たち】
     神田浩史(AMネット)
[8/ 5]【現在のODAとその未来】
高橋清貴(日本国際ボランティアセンター
◇時間:各土曜日、13:30-16:30
◇会場:国際協力機構(JICA)中部国際センター(一社駅徒歩10分)
◇料金:3,800円(学生2,800円)、部分参加1回2,300円
◇共催:ODA改革ネット・中部
◇後援:(特活)名古屋NGOセンター
=============================================
【6】ファシリテーター養成コース
=============================================
これからの教育や社会活動の鍵となる「ファシリテーター」の
基礎を学びます。学校の先生、福祉関連のスタッフから、これ
から何かを始める人まで、どなたにもおすすめ。

[6/24]【ファシリテーターの基本1 フレイレの考え方】
[7/15]【ファシリテーターの基本2 ボアールの考え方】
[7/22]【ファシリテーターとして大切なこととは】

◇講師:池住義憲(『学び・未来・NGO』共著者)
◇時間:各土曜日 13:30-16:30(第2回のみ17:00まで)
◇会場:第1/2回 名古屋学生青年センター(名古屋大学駅徒歩5分)
第3回 なごやボランティアNPOセンター(予定)
◇料金:5,800円(学生:4,800円)、部分参加1回2,300円

==================申し込み方法=================

■以下を記入して、alc.chubu@nskk.orgに送付。
または、
■ここの「各講座の申込フォーム」からどうぞ。
http://www.nskk.org/chubu/alc/alt.htm

-------------------申込書---------------------
名  前:
郵便番号:
住  所:
電話(携帯可):
メールアドレス:
希望講座名:
*部分参加の場合、その旨明記

---------------------------------------------
---------------------------------------------
なごや自由学校
 488-0801 愛知県尾張旭市東大道町原田68
          愛知聖ルカセンター気付
http://www.nskk.org/chubu/alc/alt.htm
  ◎2006年春夏講座 受講生募集中◎
e-mail:alc.chubu@nskk.org
tel:0561-53-8939 fax:0561-52-7657
---------------------------------------------


posted by nagoya-jiyu at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。